カテゴリー別アーカイブ: 防犯

ドライブレコーダーの駐車録画機能

走行中のみならず駐車中も録画をすることが可能な機能が付いていると、駐車中の悪戯、車上荒らし、当て逃げ等といった犯罪対策としても役立てることができます。


駐車中も走行中と同様に常時録画させたり、画質を落として録画したり、あるいは、カメラの前で動きが有った時だけ録画したりと、ドライブレコーダーの機種によって違いがあります。


上位モデルだと、設定を任意に変更できるタイプのドライブレコーダーもあります。


ただし、走行中と全く同じように録画を続けた場合は、バッテリーの容量にも左右されますが、バッテリー上がりを起こす可能性が高くなります。


このため、バッテリーへの負担を極力へらすため、エンジン停止から3時間だけ録画を続ける、バッテリー電圧が規定(設定)を下まわったら電源オフにするなどの対策が講じられております。


また、バッテリーが弱っていて、駐車中は録画したくないような時は、機能を停止することもできます。


駐車中の録画については、車両のバッテリーではなく、別途電源を準備するとか、駐車録画専用のドライブレコーダーを準備するなどの選択肢もあります。

「ドライブレコーダー」なら液晶王国

野外に防犯カメラを設置

防犯カメラは、一般的に防犯カメラ・ケーブル・電源を揃えることで監視できます。商品の中にはケーブルや電源が一体型の物もあります。
夜間や暗い場所を監視するなら、赤外線LED搭載カメラを。夜間(暗視)の駐車場や車上荒しの監 視には赤外線カメラが威力を発揮します。また、夜間(暗視)の玄関や宅地に進入の不審人も赤外線カメラなら監視できます。さらに、DVRで録画とDVRアラーム機能で侵入者を知ることが出来ます。
駐車場監視で、夜間や暗い場所をカラー監視するなら、防犯灯カメラを。夜間(暗視)の駐車場や車上荒しのカラー監視は 防犯灯カメラ威力を発揮します。夜間(暗視)の玄関や宅地に進入した不審人を防犯灯カメラならカラー監視可能です。DVRで録画とDVRアラーム機能で侵入者を知ることが出来ます。夜になると、ホワイトLEDが点灯しますので、防犯カメラ + 街灯 のダブル効果で威嚇効果も抜群です。
駐車場監視で、人感センサーライト防犯カメラとセンサーライトで威嚇と監視。不審人がカメラに近づけばセンサーライト(ホワイトLED)を発光します。センサーライトで威嚇しながら監視が可能な防犯カメラです。夜になると、赤外線で監視し 人が近づけばホワイトLEDが点灯します。防犯カメラ + センサーライト のダブル効果で威嚇効果も抜群です。DVRで録画とDVRアラーム機能で侵入者を知ることが出来ます。
防犯・ストーカー・浮気対策!!!