カテゴリー別アーカイブ: 健康

女性を悩ませる「おりもの」の役割

女性であれば、誰しも悩まされるのが、下着に付着する「おりもの」の量やニオイでしょう。


この「おりもの」は、女性の膣内に排出される粘り気のある液体のことで、排出される量や状態には個人差がありますが、生理周期と深い関係があります。

おりものの量は生理の直後がもっとも少なく、次第に増え始めて、排卵期にもっとも多くなり、黄体期に入ると減少し、生理前には再び少し増加します。

女性に取っては、やっかいなものかも知れませんが、実は、女性の体にとっては必要不可欠な存在なのです。

その一つが自浄作用で、膣内を常に潤った状態に保ち、雑菌などの侵入を防いでくれます。

さらに、おりものにはデーデルライン桿菌という善玉菌が存在し、大腸菌や カンジダ真菌などの雑菌が増殖しないように作用しています。

そしてもう一つの重要な役割が、受精のサポートです。排卵期には、精子が子宮の中に入りやすいようにサポートし、排卵後には、菌が子宮内に入らないようにフタをして守ってくれるのです。

また、性感染症や子宮の病気など、女性の体に異変が起きてないか知るためのバロメーターにもなります。

おりものの色や量が明らかに異常だったり、外陰部にかゆみがあったりする場合は、必ず婦人科を受診するようにしましょう。


ラブチャームス

むくみの解消法

1日中、立ちっぱなしで仕事をしていると、足がむくんできますが、このむくみは、体内の組織など血管の外に、余分な水分がたまった状態のことを言います。


そして、むくみには、一時的なものと、病気などが原因によるものの2種類あります。立ち仕事をしている人や、パソコンに向かって仕事をしているなど、1日中同じ姿勢を続ける人が、こうしたむくみに悩まされることが多いのですが、これは、1日中使い続けた筋肉が疲れ、汚れた血液を心臓に戻す力が弱くなるめたに発生するものですが、こうした類のむくみは解消法も比較的簡単です。


時々姿勢を変えたり、仕事の合間を見て伸びなどをして軽いストレッチをしたりするなど、体を動かして筋肉の緊張をほぐすだけでも違ってきます。


さらに、帰宅後は風呂にゆっくりとつかり、むくんだ場所を温めたり、マッサージするだけで血行が良くなります。


ただし、病気が原因でのむくみは別です。むくみが症状となって現れる病気は案外多くあります。


むくんでいる部分を押しても元に戻らない、疲れが取れない、めまいや湿疹、発熱、しびれなどの症状が感じられる場合は、医師の診察を受けることが大切です。特に、子どもの場合は、病気を疑ったほうがよいでしょう。


「ふるさと青汁」で【便秘やむくみ】を解消!!

プラセンタのアトピー効果

プラセンタには、美容だけでなく健康にも良い効果をもたらしますが、多くの子供たちが悩まされているアトピー治療・改善の効果があります。このため、病院でも治療に用いられることがあります。

ただし、残念なことながら、現時点ではまだ厚生労働省からは認められていない治療のため、保険適用外の治療となりますが、それほど高額ではありません。

プラセンタの中には、上皮細胞増殖因子、線維芽細胞増殖因子が入っており、これらが、ステロイドで破壊された線維芽細胞を増やし、角質層を作り出す上皮細胞を増やします。

線維芽細胞や上皮細胞は健康な皮膚を作りますが、さらにプラセンタは神経の異常興奮を抑えて、かゆみを感じにくくするのです。

実際にアンチエイジングの目的でプラセンタを使用したアトピー体質の方が、アトピーが治ったという効果を体験されているようです。

副作用がないことで安心して使用できますので、アトピー体質の方は一度その効果を体験してみてはいかがでしょうか。

馬プラセンタ「プラセンタファイン」は顧客満足度97%!!

サジーで免疫力アップ

サジーには200種類もの栄養がバランスよく入っているため、サジーを飲むことで体の免疫力が上がり、インフルエンザや風邪を予防するなど病気をしにくい体を作ることができます。


人間の体は、免疫によって、外からのウィルスの侵入を防いで病気などから守られております。


しかし、この免疫は体温が1度下がると30%下がり、体温が1度上がると30%上がると言われております。


このたった1度の差が、健康に大きな影響を及ぼすのです。体温が下がると免疫力も下がるため、風邪やインフルエンザなどウィルス性の病気をしやすくなります。


理想的な体温は36.4℃前後と言われており、これよりも低い場合は、体温を上げる必要があるかもしれません。某TV番組によると、免疫力が一番高くなる体温は37℃だそうで、これは、微熱の領域ですね。


風邪をひくと熱が出ますが、これは、体内に入り込んだウィルスを退治するため、免疫細胞が活動しやすい温度に体が調節しているためです。


黄酸汁【豊潤サジージュース】でアンチエイジング♪

活性酸素と抗酸化物質

活性酸素は普段の生活の中では必ず生体内で産生されてしまいます。しかし、最近どうも疲れやすくなった、手足が冷えるなど、体調の変化を感じることはありませんか。

そんな時は、体の中に活性酸素が多く作られている可能性があります。特に、ストレスを強く感じている時には多くなります。

活性酸素とは、体の中で余ってしまった酸素のことで、取り除かないと、あらゆるものを酸化させるため、体にさまざまな悪影響をもたらします。

すなわち、体の機能がサビつき、血管や細胞を傷つけてカラダの内側から老化を早め、代謝を悪くします。代謝が悪いと食事で摂取したカロリーをエネルギーとして使いきれず、肥満の原因ともなります。

この活性酸素を排除する働きをするのが、抗酸化物質です。体の中には、元々、抗酸化酵素が備わっておりますが、喫煙や栄養不足、ストレス、紫外線、食品添加物などによって活性酸素が増えすぎると、それに対応しきれなくなってしまいます。

このため現代社会では、とくに抗酸化作用のある栄養素であるビタミン、ミネラル、ファイトケミカルスを摂取する必要があるのです。
また、抗酸化物質の代表的なものとして水素があります。水素は少量で効率よく活性酸素を還元してくれるからです。

噂の【美容&コスメ】グッズで、美容の悩みを解消♪

乳房の構造と役割

乳房の役目は、赤ちゃんが生まれた時にお乳を出すことです。その構造は、胸の膨らみを乳房、乳房の中心からやや下にあるのが乳頭、その周りの着色した部分が乳輪です。
乳房の中では、腺房と呼ばれる房のように見える部分でお乳が作られます。それが乳管を通って乳頭から出てくるようになっています。
女性の胸が大きくなるのは、小学生の終わり頃からと言われます。発育開始時期は他の二次性徴よりも少し早めです。
思春期になると、卵巣から女性ホルモンの分泌が盛んになると乳腺が発達し始め、それに合わせて脂肪も胸についてきます。この脂肪は乳腺を守るためにあると考えられ、女性ホルモンによって脂肪が付きやすくなります。
一般に乳腺:脂肪の比率は1:9ですから、殆どが、脂肪で出来ているようなものです。こうしてだんだんと胸が大きくなっていくのです。
ただ、女性ホルモンの量との間に、ある程度の相関関係があるようですが、鼻や口の大きさが違うように、胸の発育にも個人差がかなりあるようです。

バストアップラボ

生活習慣病を予防するためには

生活習慣病の多くは、日頃の不健全な生活を積み重ねることによって、内臓脂肪型の肥満となり、これが原因となって引き起こされるものです。
このため、日常生活を送る中で、適度な運動、バランスの取れた食生活、禁煙を実践することによって、予防することができます。
■BMIは18.5~25未満に
BMIとは体重と身長の関係から算出した、人の肥満度を表す指数で、「身長(m)の2乗×22」で計算します。BMI22が標準体重です。
BMIが18.5~25未満は標準体重の範囲内ですが、BMIが25以上だと、肥満気味で、食生活を見直すとともに、適度な運動を取り入れて自己管理に努めることが大切です。
■脂肪は摂りすぎない
脂肪は体のエネルギー源となる大切な栄養素ですが、脂肪を摂りすぎると肥満の原因となります。
■野菜を多く食べよう。
野菜には食物繊維が含まれておりますが、これは、少量でも満腹感を与えるので食べ過ぎを防ぐことが出来ます。1日に350g以上は摂りましょう。
■1日3食を規則正しく食べよう。
ダイエットと称して食事の回数を減らしたり、食事の間隔が空きすぎると、体はエネルギーを溜め込もうとして、太りやすくなります。
■出来るだけ歩こう。
1日に必要な歩数は、成人男性が9200歩以上、70歳以上の男性は6700歩以上、成人女性は8300歩以上、70歳以上の女性は5900歩以上です。
■運動の習慣を付けよう。
自分の体力に見合った運動を継続しましょう。
■十分な睡眠をとろう。
睡眠不足は疲労感だけでなく、情緒不安定となり、適切な判断力を鈍らせる原因となります。
■禁煙< 喫煙は血管を収縮させて血流を悪くし、血圧を上げて血管に負担をかけるだけでなく、血液中の悪玉コレステロールを増やして動脈硬化を促進します。このため、心筋梗塞や狭心症などの虚血性心疾患の危険性が高くなります。 ■飲酒は適量を。 酒は百薬の長と言いますが、適量は1日あたり純アルコールで約20g程度と言われております。また、週2日は休肝日とし、肝臓の負担を減らしましょう。 ■歯は大切に。 歯が無くなると食事もままならなくなります。歯が抜ける原因の約90%は虫歯と歯周病です。歯周病を防ぐには生活習慣を改善するとともに、定期的に歯石を除去しましょう。

血糖値が気になったら「サラシアプラス」

水素水の選び方

体内に水素を取り入れる方法として一番簡単なのが、水素を含んだ水、つまり「水素水」を摂取することです。
既に、水素を多く含んだ水素水が幅広く販売されており、この水素水を毎日の生活に取り入れて、水素の驚くべきパワーや効果を実感されている方も多いようです。
また、新聞、雑誌、テレビなどでもその効果を頻繁に取り上げられるようになり、スポーツ界、芸能界の中にもこの水素水を愛飲している方も多いようです。
水素を含んだ水ですから、通常の水を飲むのと同じで、多くの水素水が販売されていますので、簡単に手に入れることが出来ます。
しかし、この水素を含む水素水を選ぶ際には、注意すべきことがあります。
まず、水素は、大気中に非常に発散しやすいということです。このため、携帯用として利用するなら、アルミの素材を用いたパウチ型のような、水素が発散しにくいタイプのものがおススメです。
次に、水素含溶率の高い水素水を選ぶことが大切です。このため、水素の「溶存水素量(水素の含有率)」や「酸化還元電位」に注目しましょう。さらに、充填時の残存水素量だけでなく、開栓時あるいは開栓後の残存量にも注意しましょう。メーカーのホームページには、実験結果を公表しているところもあります。

ATPウォーターは【放射性物質を完全除去】する水素水サーバーです♪

体臭を消す方法

臭いの主な原因は肉や魚を食べ、内側から出る臭いです。菜食主義の人は無臭ですよね。まず、肉や魚を食べるのを減らしましょう。
また、キムチや唐辛子などの刺激物は、体から異臭が出る原因になります。口臭にも影響が出るので、あまり食べないようにしたいものです。
緑色の野菜は体の腸内環境を整え、臭いの原因を防いでくれます。一日に出来れば2回、茹でた緑色の野菜を多めに食べると良いでしょう。
就寝中、体は1日の栄養を消化してフル回転しています。このため、寝る前にコップ2杯の水を飲むと、この水の力を加えることによってクリーンになります。
実は、就寝中も体からは臭いの素が発生しています。それを消すためにも朝シャンはしたいですね。シャワーは夜より朝が有効です。
お風呂では体を優しく洗いましょう。ごしごし洗ってしまうと、体の表面を覆う臭いを防いでくれる部分まで洗い流してしまいます。優しくふわふわ洗ってあげると、その日1日の汚れだけが落ちます。
もしかして体臭の原因は口臭かも?そんな人は歯磨きの正しい仕方を身につけましょう。普通の持ち方では強すぎるので、ペンを握る持ち方で鏡を見ながら1本1本みがきましょう。
タバコはNGです!!タバコを吸っている限り、臭いが取れることはありません。タバコは臭いがきつくどうしても体に煙がついてしまうので、喫煙したらシャワーを浴びましょう。

「いい快互服ドットコム」の消臭製品で【ワキガや加齢臭】など体臭の悩みを解消♪

ユーグレナ(ミドリムシ)は環境にも貢献

ユーグレナの食べ物は二酸化炭素なので、地球温暖化対策に世界中が注目しています。その二酸化炭素吸収量たるやスギやヒノキの約30倍という驚異の二酸化炭素吸収力を持っているのです。
さらに、ユーグレナは含有する油脂分がジェット燃料に適した炭素構造を持っていることから、次世代のバイオジェット燃料の原料として有望視されています。
また、現在バイオ燃料候補として挙げられている植物よりも敷地面積当たりの油脂生産性が高いことも注目されています。すなわち、ユーグレナ社東京大学内ラボでの実験では、油ヤシの実に比べ15倍以上の生産が可能ということが分かっています。
さらに、2010年から、ユーグレナ(ミドリムシ)のもつ特性に注目した日本大手の航空会社JAL、ANAが開発要望を行い、新日本石油株式会社などが中心となり、事業化に向けて研究しているそうです。
こうしたことから、ユーグレナ(ミドリムシ)がエコ時代の中心になっていくのは間違いないことでしょう。
ミドリムシ(ユーグレナ)サプリ