カテゴリー別アーカイブ: 健康

抗糖化サプリメントでアンチエイジング

タンパク質と糖が結合すると、AGE(糖化最終生成物)という老化促進物質を生み出され、老化を加速させて様々な病気を招く元となります。


また、炭水化物や甘いものに依存した食生活を続けていると、食べるたびに血中のブドウ糖の量(血糖値)が高くなり過ぎて、糖化が進みやすくなります。このため、血糖値を急上昇させないような食品やサプリメントを意識的に摂取することが大切です。

糖化を防ぐサプリメントとしては、グアバがあります。グアバの特有成分である「グアバ葉ポリフェノール」には、糖質がブドウ糖に分解されるのを抑える働きがあります。


バナバの葉っぱには、コロソール酸という成分が含まれていますが、これは、インスリンと同じような作用があることが知られており、ブドウ糖が効率的に細胞に取り込まれるのを助け、血糖値の上昇を抑えてくれます。

ギムネマ・シルベスタの葉っぱに含まれるギムネマ酸には、腸内での糖質の吸収を抑える働きがあります。

カイアポイモの主成分であるCAF(酸可溶性糖たんぱく)には、インスリンの分泌や作用を促進する働きがあります。また、カリウムや食物繊維、微量ミネラルも豊富に含まれております。

サラシア、コタラヒムには、サラシノール、コタラノールという特有の成分が糖質のブドウ糖への分解を抑制し、血糖値の上昇を抑えます。また、コタラヒムに含まれているマンギフェリンには、糖尿病合併症の原因となる物質の産生を抑える働きもあるとされています。

カモミールに含まれるカマメロサイドには、AGEが作られるのを阻害する働きがあることがわかっています。この他、ドクダミ、西洋サンザシ、ブドウ葉という葉にも抗糖化の作用があるといわれています。

アンチエイジングや様々な生活習慣病を防ぐためには、糖化しない体づくりが大切なのです。

食後の血糖値が気になったら「金の菊芋」

体臭を消す方法

臭いの主な原因は肉や魚を食べ、内側から出る臭いです。菜食主義の人は無臭ですよね。まず、肉や魚を食べるのを減らしましょう。
また、キムチや唐辛子などの刺激物は、体から異臭が出る原因になります。口臭にも影響が出るので、あまり食べないようにしたいものです。
緑色の野菜は体の腸内環境を整え、臭いの原因を防いでくれます。一日に出来れば2回、茹でた緑色の野菜を多めに食べると良いでしょう。
就寝中、体は1日の栄養を消化してフル回転しています。このため、寝る前にコップ2杯の水を飲むと、この水の力を加えることによってクリーンになります。
実は、就寝中も体からは臭いの素が発生しています。それを消すためにも朝シャンはしたいですね。シャワーは夜より朝が有効です。
お風呂では体を優しく洗いましょう。ごしごし洗ってしまうと、体の表面を覆う臭いを防いでくれる部分まで洗い流してしまいます。優しくふわふわ洗ってあげると、その日1日の汚れだけが落ちます。
もしかして体臭の原因は口臭かも?そんな人は歯磨きの正しい仕方を身につけましょう。普通の持ち方では強すぎるので、ペンを握る持ち方で鏡を見ながら1本1本みがきましょう。
タバコはNGです!!タバコを吸っている限り、臭いが取れることはありません。タバコは臭いがきつくどうしても体に煙がついてしまうので、喫煙したらシャワーを浴びましょう。

「いい快互服ドットコム」の消臭製品で【ワキガや加齢臭】など体臭の悩みを解消♪

ユーグレナ(ミドリムシ)は環境にも貢献

ユーグレナの食べ物は二酸化炭素なので、地球温暖化対策に世界中が注目しています。その二酸化炭素吸収量たるやスギやヒノキの約30倍という驚異の二酸化炭素吸収力を持っているのです。
さらに、ユーグレナは含有する油脂分がジェット燃料に適した炭素構造を持っていることから、次世代のバイオジェット燃料の原料として有望視されています。
また、現在バイオ燃料候補として挙げられている植物よりも敷地面積当たりの油脂生産性が高いことも注目されています。すなわち、ユーグレナ社東京大学内ラボでの実験では、油ヤシの実に比べ15倍以上の生産が可能ということが分かっています。
さらに、2010年から、ユーグレナ(ミドリムシ)のもつ特性に注目した日本大手の航空会社JAL、ANAが開発要望を行い、新日本石油株式会社などが中心となり、事業化に向けて研究しているそうです。
こうしたことから、ユーグレナ(ミドリムシ)がエコ時代の中心になっていくのは間違いないことでしょう。
ミドリムシ(ユーグレナ)サプリ

便秘改善には朝食が重要

スムーズな排便を促すには、特に朝食が重要です。朝食は腸を刺激し、排便の習慣を身につけやすくします。そのためには、時間に余裕をもって起き、きちんと朝食を摂ることで大腸を動かし、便意を促すようにしましょう。
食べているのに便が出ない人は、保水性に富んだ食物繊維を摂りましょう鵜。これは、腸内で水分を吸着するため、便を柔らかくして、排泄しやすくします。
特に、海藻類(コンブ、ワカメ、ヒジキ)、コンニャク、果物類などに含まれる水溶性食物繊維には、腸内の善玉菌を増やす働きがあるため、進んで取り入れたい食品です。
小食の人やダイエットをしている人などは、穀類(そば、ライ麦)、マメ類(大豆、あずき)、野菜類(ゴボウ、切干ダイコン)、イモ類、キノコ類などに含まれる不溶性食物繊維を多く摂って便のかさを増やしましょう。
しかし、不溶性食物繊維だけを摂りすぎると便が硬くなってしまいます。ので、水溶性食物繊維と水分を組み合わせることで、排便がスムーズにできます。
腸内の水分が減少して起きる便秘の場合には、水分補給は欠かせません。便を柔らかく保ち、排便をスムーズにするためには、こまめに水分補給をしましょう。また、朝起きがけに水をのむと、腸が刺激されて動きが活発になるため排便が期待できます。

フジッコ「善玉菌のチカラ」で便秘解消♪