月別アーカイブ: 2015年7月

霊能者とは

霊能者の歴史は古く、その地域や信仰によって、用いる霊術や霊能力は異なっておりますが、僧侶、神官、巫女、祈祷師、イタコなど、プロの霊能者が数多くおりましたし、今日でも、霊能者として活躍している人もいるようです。
また、一般の人の中にも、霊感が強く霊的な存在を認識できるような人も多くおりますが、霊能者と言う場合は、その霊感を自らの意思でコントロールし、霊界とコンタクトをとり、目的を達成できる人を言うのが一般的です。
しかし、霊能力は霊能者個人の感覚であるため、その能力が本当にあるのか無いのか、あるいは、どの程度あるのかについては、客観的に判定することが出来ませんし、一般の人に説明することも困難です。
このため、霊能者が霊的な存在をどのように感じるのか、どのようにしてメッセージを受け取るのかについては、本人以外分からないのが実情です。
ある霊能者は、脳裏に浮かぶと言い、また別の霊能者は、目を閉じると情景が見える(霊視)と表現します。あるいは、耳元で霊的存在の声が聞こえる(霊聴)とも言います。
いずれにしても、霊能力は現代の科学では解明されていませんが、統合失調症など一部の神経症で発生する幻聴や幻覚などが、何らかの形で霊能力と関係があるのではないかとも言われています。

電話占いヴェルニは常時【250人以上】の有名占い師が登録♪

乳房の構造と役割

乳房の役目は、赤ちゃんが生まれた時にお乳を出すことです。その構造は、胸の膨らみを乳房、乳房の中心からやや下にあるのが乳頭、その周りの着色した部分が乳輪です。
乳房の中では、腺房と呼ばれる房のように見える部分でお乳が作られます。それが乳管を通って乳頭から出てくるようになっています。
女性の胸が大きくなるのは、小学生の終わり頃からと言われます。発育開始時期は他の二次性徴よりも少し早めです。
思春期になると、卵巣から女性ホルモンの分泌が盛んになると乳腺が発達し始め、それに合わせて脂肪も胸についてきます。この脂肪は乳腺を守るためにあると考えられ、女性ホルモンによって脂肪が付きやすくなります。
一般に乳腺:脂肪の比率は1:9ですから、殆どが、脂肪で出来ているようなものです。こうしてだんだんと胸が大きくなっていくのです。
ただ、女性ホルモンの量との間に、ある程度の相関関係があるようですが、鼻や口の大きさが違うように、胸の発育にも個人差がかなりあるようです。

バストアップラボ