月別アーカイブ: 2016年3月

高齢者専用賃貸住宅

高齢者専用賃貸住宅は、民間事業者などによって設置・運営され、都道府県単位で認可・登録された賃貸住宅であり、主に自立あるいは軽度の要介護状態の高齢者を受け入れています。
その特徴は、入居者を高齢者に限定し、都道府県単位で情報を登録していること、高齢者向けに居室や設備の条件が定められていることです。メリットとしては、高齢者が契約しやすい、高齢者が住みやすい、入居者の権利が守られているなどかありますが、保証金が高い、家賃が高い、連帯保証人を求められる、重度の介護状態では、基本的に住み続けられないなどのデメリットがあります。
入居にあたっては、多くの場合、初期費用(保証金)と月額費用が必要になります。施設の場所や設備によって、初期費用は数百万~数千万円、月額利用料は6万~50万円程度とかなり差があります。
入居基準は、施設によって「身の回りの世話ができる」「共同生活が営める」など様々です。高齢者向けに一定基準を満たした居室や共用スペースを提供しており、一部の施設では、外部の事業者による見守り、食事・掃除・洗濯の世話、緊急時の対応、入浴・食事・排泄の介護などのサービスが提供されています。
居室には台所、水洗便所、収納設備、洗面設備、浴室などが設置され、1戸当たりの床面積は原則、25平方メートル以上ですが、十分な面積の共同生活室がある場合には、18平方メートル以上とされています。

「探しっくす」で【有料老人ホーム・高齢者住宅】の検索と一括資料請求

活性酸素と抗酸化物質

活性酸素は普段の生活の中では必ず生体内で産生されてしまいます。しかし、最近どうも疲れやすくなった、手足が冷えるなど、体調の変化を感じることはありませんか。

そんな時は、体の中に活性酸素が多く作られている可能性があります。特に、ストレスを強く感じている時には多くなります。

活性酸素とは、体の中で余ってしまった酸素のことで、取り除かないと、あらゆるものを酸化させるため、体にさまざまな悪影響をもたらします。

すなわち、体の機能がサビつき、血管や細胞を傷つけてカラダの内側から老化を早め、代謝を悪くします。代謝が悪いと食事で摂取したカロリーをエネルギーとして使いきれず、肥満の原因ともなります。

この活性酸素を排除する働きをするのが、抗酸化物質です。体の中には、元々、抗酸化酵素が備わっておりますが、喫煙や栄養不足、ストレス、紫外線、食品添加物などによって活性酸素が増えすぎると、それに対応しきれなくなってしまいます。

このため現代社会では、とくに抗酸化作用のある栄養素であるビタミン、ミネラル、ファイトケミカルスを摂取する必要があるのです。
また、抗酸化物質の代表的なものとして水素があります。水素は少量で効率よく活性酸素を還元してくれるからです。

噂の【美容&コスメ】グッズで、美容の悩みを解消♪