月別アーカイブ: 2016年4月

クリニックで目のクマ・たるみを治療する方法

クリニックで目のクマやたるみを治療してもらうためには、まず、その状態を診断してもらうことになります。
クマは種類によって原因が異なり、しかも、複数の原因が重なっているケースがほとんどですので、医師にきちんと診断してもらいましょう。

「黒クマ」の場合は、下まぶたのふくらみの原因となっている脂肪を、切開して取り出す「経結膜脱脂法」があります。

また、脂肪を除去せずに移動することで影をなくす「経結膜的眼窩脂肪移動術」という方法もあります。

このいずれを採用するにしても、下まぶたを切開して手術するため、傷あとが目立たないような工夫が必要となります。この他にも、ヒアルロン酸や脂肪を注入してふくらみを形成する方法もあります。

「茶クマ」や「青クマ」には、レーザーで色素沈着した角質を除去する方法が用いられます。

また、ケミカルピーリングやイオン導入も効果的ですし、自分の血小板を注入する再生医療によって、肌のハリとうるおいを取り戻す方法もあります。

いずれの方法をとるにせよ、クマの状態によって治療法が異なるので医師と相談しながら決めることが大切です。

目の下のクスミやクマ対策なら「アイキララ」