月別アーカイブ: 2017年2月

女性の不妊症原因と治療法

女性の不妊症治療は、その時々の病状に沿って治療に取り組みます。特に多いのが、排卵障害が引き金となっている不妊症です。これには、多嚢胞性卵巣症候群や卵巣機能不全、さらに高プロラクチン血症があるとされています。


卵巣機能不全は、年齢が若いのに月経が止まったり、生理があっても回数が少ないといった可能性が高いです。


多嚢胞性卵巣症候群は、卵巣にある卵胞が十分に成長しないまま増え続け、それらがまるでネックレスのように並び、スムーズに排卵できなくなってしまうものです。


生理の不順や無月経などは、重症でなければ治療しなくても妊娠に至るでしょうが、重い症状のときは、高度治療を選ぶことになる場合があります。


高プロラクチン血症は、妊娠に至っていないのに母乳があるという特質があります。基本的に母乳は、プロラクチンという種類のホルモン分泌により生成されるものであり、排卵を妨げる動きをします。


こういった排卵に関しての障害は、血液を採取してホルモン検査にかけることによって判明するので、それに応じて不妊症の治療を始めることができます。


ただし、子宮に要因があって起こる不妊症もあります。黄体ホルモンの分泌が十分でない黄体機能不全だけでなく、子宮筋腫による着床障害や子宮の癒着などがこれに該当します。


さらに、卵管が閉鎖状態だったり癒着状態に陥っていることで起こる不妊症もあります。 場合によっては、卵管造影検査を受けたことにより、卵管にあった詰まりが取り除かれ妊娠に至ったというケースもあります。


症状ごとに合わせて不妊症の治療を行う場合でも、自然妊娠が叶う人もいますし、高度な不妊症の治療を選択するという人もいるなど、その治療法は千差万別です。


妊活サプリ「プレミンパパ・プレミンママ」は、【妊娠】しやすい体をつくります♪

マッチングサイトで婚活

インターネット上で会員の管理を行い相性の良い会員同士に、出会いのチャンスを与えてくれるシステムです。

マッチングサイトは、登録だけであれば、殆どが無料でできますが、利用に際しては、無料会員と有料会員の2つがあります。

両者の違いは、たいていのサイトでは、アプローチ方法に違いがあります。

無料会員の場合だと、気にいった相手に意思表示はできるものの、メール連絡をする事ができないため、相手からアプローチがなければメールのやり取りなどをすることができません。

しかし、有料会員だと、メール連絡が可能なので、お互いをよりよく知り合えることが出来、それだけ、出会える可能性も高まります。また、相手と意気投合したら、サイト上で調整をして実際に会うことができます。

そこから先、結婚にどう結びつけていくかは、双方の意志しだいということになります。
この点が、結婚相談所と根本的に違うところで、その分、マッチングサイトは結婚相談所よりも料金が安く気軽に利用できるのです。
婚活の費用は出来るだけかけたくない、まずは出会いのチャンスだけもらって、その後は自分でやりたいという人には、マッチングサイトはお勧めの方法です。


Pairs(ペアーズ)は【1,510万組】がマッチングした婚活・恋活サプリです。