月別アーカイブ: 2017年5月

婚活パーティーで第一印象を悪くする女性の振舞

男性は、初対面ではルックスもさることながら、その女性の全体的な雰囲気をつかみ、結婚したいタイプの女性かそうでないかを本能的に判断します。


人の話しを聞かない、条件や将来の安定ばかり気にする、男を立てない女性は、一緒に居て疲れると感じ、こんな女とは結婚したくないと判断します。

■年を感じさせる女性


男性は女性に、優しさと同時にタフさを求めます。「昔はもっと元気だったんだけど」 「最近は、疲れちゃって」 などと言った会話は歳を感じさせるのでタブーです。


これを聞いた男性は、結婚しても、仕事から疲れて帰宅し、癒されるどころか、さらに疲れてしまう生活を想像してしまい、ドン引きするのです。


■ファッション、態度


男性が話しをしているときに髪の毛をいじったり、脚を組んだり、あるいは、時間を気にしたり、携帯電話をチェックしているようでは、礼儀知らずな女だと思われてしまいます。

また、派手な装飾品や厚化粧も下品な女とみられてしまいます。香水は普段の1/3程度に抑え、ネックレス、指輪、イヤリングも控え目にしましょう。


■あれこと口出しをしてでしゃばる


食事のときに料理を小皿に取り分けるなど、男性同士のコミュニケーションには無いはからいを受けると 「女らしさ」 を感じるものです。
箸やフォークを手渡すくらいの気配りはプラスの印象を与えますが、あれが良いこれが良い、それはダメなどとでしゃばっては、ワガママで御しがたい女と思われてしまいます。あくまでも男性のリードに身を任せ、意見を求められたときにやんわりと提案しましょう。

■相手の話を最後まで聞かない


男性が話しをしているときに、話しの途中で腰を折ったりするのはNGです。こんな場合は、相づちを打ち、ニコニコしながら聞きましょう。そうすることで男性はあなたを信頼し始め、仕事観や人生観、結婚観など話してくれるでしょう。


特に、技術職の男性は、職場に女性がいない場合が多く、女性慣れしていません。会話が途切れて沈黙が続くときは、女性の笑顔と優しさが救いとなります。


お見合いパーティー「PARTY☆PARTY」はカップリング成功率39.3%

結婚したいなら今すぐ婚活を始めよう

もし、あなたに少しでも結婚願望があるなら、一度思い切って真剣に「婚活」をしてみませんか?

手っ取り早いのは、結婚相談所やネットの婚活サービスを使うことですが、合コンや街コン、あるいは、サークルに参加するのも良いでしょう。

その他にも、習い事してみるとか、友達に紹介してもらうとか、使える手は何でも使いましょう。

その内、良い出会いがあるだろうと淡い期待を抱いて待っていても、そんな都合の良い出会いなんて絶対にありません。それは、買ってもいないのに、宝くじに当たるのを期待するようなもので、無駄に年齢を重ねてしまうだけです。

昔は、男でも女でも年頃になれば、黙っていても、近所の知り合いや親戚からお見合い写真が持ち込まれて、その中かから良さそうな相手を選べば結婚することが出来ましたが、そんな夢のような時代は終わったのです。

今では、よほどの好条件の男女でない限り、自ら積極的に婚活に取り組まなければ、永遠に結婚する機会は訪れないのです。

婚活は人一倍の努力が必要ですし疲れます。しかし、まともな仕事を持ち、それに打ち込んでいる人であれば、婚活を諦めずに続けている内に、いつの日か必ず見合った相手が現れることでしょう。

また、たとえ現れなかったとしても、婚活に一生懸命取り組んだと言う経験があれば、結婚できなくてもそれほど後悔をすることなく、その後の人生を送ることができるでしょう。


「with(ウィズ)」の【心理学×統計学】で本気の恋活・婚活♪