乳房の構造と役割

乳房の役目は、赤ちゃんが生まれた時にお乳を出すことです。その構造は、胸の膨らみを乳房、乳房の中心からやや下にあるのが乳頭、その周りの着色した部分が乳輪です。
乳房の中では、腺房と呼ばれる房のように見える部分でお乳が作られます。それが乳管を通って乳頭から出てくるようになっています。
女性の胸が大きくなるのは、小学生の終わり頃からと言われます。発育開始時期は他の二次性徴よりも少し早めです。
思春期になると、卵巣から女性ホルモンの分泌が盛んになると乳腺が発達し始め、それに合わせて脂肪も胸についてきます。この脂肪は乳腺を守るためにあると考えられ、女性ホルモンによって脂肪が付きやすくなります。
一般に乳腺:脂肪の比率は1:9ですから、殆どが、脂肪で出来ているようなものです。こうしてだんだんと胸が大きくなっていくのです。
ただ、女性ホルモンの量との間に、ある程度の相関関係があるようですが、鼻や口の大きさが違うように、胸の発育にも個人差がかなりあるようです。

バストアップラボ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>