介護疲れを防ぐには

介護疲れが起こる背景には、介護者自身の孤立があります。これを防ぐためにも、プロの介護者や介護経験のある友人などのような相談相手を作ることが大切です。

特に、ケアマネジャーには守秘義務がありますので、最も身近な相談相手になります。また、同じ悩みを抱える「介護家族の会」などに参加するのもよいでしょう。

特に、認知症の家族を介護している場合は、介護者自身が定期的に認知症主治医に来診することをお勧めします。

介護の黒いに関する愚痴も聞いてくれますし、要介護者への対応要領や介護者のリフレッシュ方法などについて適切にアドバイスしてくれることでしょう。

また、介護者は地域の誰かとつながることも大切です。「遠くの親戚よりも近くの他人」と言われるように、いざという時に手を差し伸べてくれるのは、遠くに住む親戚よりも信頼できる近所の人たちだからです。

町内会、民生委員、マンションの管理人、交番、行きつけのお店など、お世話になりそうな人たちとのつながりを持っておくと何かと助けになるでしょうし、孤独から救ってくれる力になります。

また、介護者に介護のスキルがないと、それが、ストレスにつながることがあります。

特に、移動介助や排せつ介助、おむつ交換などは、多少のスキルを身につけておくと、要介護者も安心ですし、信頼感も高まります。それによって、介護がスムーズになることも多くなります。


介護に悩む方のお役立ち情報

コメントを残す