医療レーザー脱毛後のアフターケア

医療レーザーによる脱毛は、医療行為ですから医師のいるところでなければ受けることが出来ません。


このため、施術を行うスタッフは、医師や医療従事者が行いますので安心して受けることができますし、効果も高いです。


しかし、せっかく綺麗なツルツル肌になるのですから、しっかりとアフターケアを行わないと、肌トラブルを起こしてしまう可能性もゼロではありませんし、さらなるツルスベ肌を目指すこともできません。


医療レーザー脱毛の後は、肌をゴシゴシこすらない、残っているムダ毛を無理やり引っこ抜かない、運動をいつもよりも控える、担当スタッフに言われたことはしっかりと守る必要があります。


脱毛後の痛み対策に抗炎症剤を処方された場合は、医師や看護師の説明を良く聞いて、抗炎症剤を使いましょう。


処方されていない場合は日常的な保湿することが大切です。これによって、医療レーザー脱毛の効果をより実感しやすくなりますし、次回施術の時の痛みの緩和にもつながります。


医療レーザー脱毛後は、肌に刺激を与えないことが大切です。施術を受けた皮膚には、熱がこもっている状態ですが、この状態でお風呂やサウナに入る、運動する、お酒を飲むなど、血行が促進されるような行為をすると肌へのダメージも大きくなってしまいます。お風呂に入る場合は、ぬるめのシャワーを浴びる程度にしましょう。


施術中は肌を冷やす場合が多くなりますが、最新の照射機器を使っているクリニックを選ぶと、肌への照射時間が短く済みます。


「KM新宿クリニック」の【ハヤブサ脱毛】で最短4ヶ月で永久脱毛完了!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>