不動産投資の特徴

不動産投資が他の投資方法にはない不独特の特徴の一つは、簡単に購入したり、売却したり、といったことができないことです。


不動産取引には、時には数千万円から数億円という大金が動くため、そう簡単に購入や売却ができないようになっております。

このため、不動産投資では、投資対象の物件を複数持つことはなかなか難しいのです。

不動産投資のもう一つの特徴としては、時間がたてはたつほど収益を上げていくことができるということです。

これは、不動産投資が基本的に他の人に不動産を貸し出すことで、定期的に賃貸料を得ることができるからです。

不動産投資は他の投資のように短期間で一攫千金を狙うことはできませんが、長期に亘って利益を積み上げていくことは可能です。

このため、不動産投資は、早く始めれば始めるほど利益を積み上げることができるので、有利になるのです。

そして、不動産投資の魅力は、このように長期にわたって労働によらない所得、すなわち、不労所得を得られることにあります。

不労所得は不動産投資でなくても、別の方法で得ることはできますが、その大半は、短期間で消えてしまうものです。

しかし、不動産投資による不労所得は、数年から数十年にもわたって得ることができます。

また、不動産投資の魅力は不労所得だけには限りません。不動産を賃貸するという事業経営に、自分がより深く関わっていくことができます。

不動産投資は、物件選び、取得、入居者の募集、物件の売却まで、すべて自分の判断で行うことになるため、自分自身の事業者としての力量が問われることにもなります。

当然、プロのアドバイスを受けながら不動産投資をしていくことも可能ですが、そのプロを選ぶ事も、自分の判断によって行うことになります。

このため、アドバイザーを得る方法を知ることも、不動産投資で成功するために必要なことなのです。

「一口家主 iAsset」は【1口50万円】からの不動産投資

コメントを残す