サポニンの働きと効果

サポニンは、天然の界面活性剤とも呼ばれており、植物の根、葉、茎などに含まれていますが、特に、マメ科の植物に多く含まれています。


コーヒーや抹茶のように苦味があり、その効果は植物の種類によって異なりますが、健康づくりやダイエットへの効果が期待されます。


■抗酸化作用

抗酸化作用があるため、活性酸素を除去し、脂肪の酸化を防いでくれます。

これによって、LDL(悪玉)コレステロールの蓄積が抑えられ、動脈硬化、心筋梗塞や脳梗塞などの予防に役立ちます。

■免疫力向上

免疫機能をつかさどるリンパ球の1種であるナチュラルキラー細胞を活性化し、ウイルスや細菌から体を守ります。

免疫力がアップすることによって、インフルエンザや風邪などひきにくくなります。

■肥満予防

「アディポネクチン」の分泌を促進します。

この「アディポネクチン」とは脂肪細胞から分泌される物質で、動脈硬化や糖尿病の予防や脂肪の燃焼を促進する働きがあります。

■血流改善

血栓が血液中にできにくくするとともに、毛細血管の血流を改善する働きがあるため、冷え症対策にもなります。

■肝機能の向上

肝臓に脂肪が蓄積した脂肪肝の状態になると、肝臓の脂肪が酸化されてしまい、肝臓は炎症しやすくなり、肝機能も低下してしまします。サポニンには、この過酸化脂質を抑制する働きがあります。

■咳や痰を抑える

咳を抑え、痰を除去する働きがあります。


「白井田七」は【サポニンの力】で、穏やかに体の調子を整えます!!

コメントを残す