抗糖化サプリメントでアンチエイジング

タンパク質と糖が結合すると、AGE(糖化最終生成物)という老化促進物質を生み出され、老化を加速させて様々な病気を招く元となります。


また、炭水化物や甘いものに依存した食生活を続けていると、食べるたびに血中のブドウ糖の量(血糖値)が高くなり過ぎて、糖化が進みやすくなります。このため、血糖値を急上昇させないような食品やサプリメントを意識的に摂取することが大切です。

糖化を防ぐサプリメントとしては、グアバがあります。グアバの特有成分である「グアバ葉ポリフェノール」には、糖質がブドウ糖に分解されるのを抑える働きがあります。


バナバの葉っぱには、コロソール酸という成分が含まれていますが、これは、インスリンと同じような作用があることが知られており、ブドウ糖が効率的に細胞に取り込まれるのを助け、血糖値の上昇を抑えてくれます。

ギムネマ・シルベスタの葉っぱに含まれるギムネマ酸には、腸内での糖質の吸収を抑える働きがあります。

カイアポイモの主成分であるCAF(酸可溶性糖たんぱく)には、インスリンの分泌や作用を促進する働きがあります。また、カリウムや食物繊維、微量ミネラルも豊富に含まれております。

サラシア、コタラヒムには、サラシノール、コタラノールという特有の成分が糖質のブドウ糖への分解を抑制し、血糖値の上昇を抑えます。また、コタラヒムに含まれているマンギフェリンには、糖尿病合併症の原因となる物質の産生を抑える働きもあるとされています。

カモミールに含まれるカマメロサイドには、AGEが作られるのを阻害する働きがあることがわかっています。この他、ドクダミ、西洋サンザシ、ブドウ葉という葉にも抗糖化の作用があるといわれています。

アンチエイジングや様々な生活習慣病を防ぐためには、糖化しない体づくりが大切なのです。

食後の血糖値が気になったら「金の菊芋」

コメントを残す