タグ別アーカイブ: チャットレディ

チャットレディの確定申告

チャットレディの仕事以外に何もしていない場合は、 1年間の合計チャット収入が38万円以下の場合は確定申告する必要がありません。


しかし、他にアルバイトをしているとか、あるいは、普段は会社員で、副業としてチャットレディをしている場合は、 1年間の合計チャット収入が20万円以下であれば確定申告をしなくても大丈夫です。

よく、給料が103万円を超えたら税金がかかると言われていますが、チャットレディの場合は違います。この103万円の内訳は、基礎控除38万円+給与所得控除の最低額65万円です。

チャットレディは、会社員として雇用されて給料を貰う仕事ではなく、チャットの成果によって報酬を貰う仕事です。

この給与ではなく報酬というのがミソなのです。チャットレディとライブチャット運営会社の関係は「雇用契約」ではなくて、「業務請負契約」ですから、「給与所得控除」の65万円はチャットレディの仕事には該当しません。

このため、チャットレディを本業にしている場合は、38万円以上稼いだ場合に税金がかかるのです。


「ライブでゴーゴー」チャットレディ募集

20代~30代チャットレディの稼ぎ方

チャットレディとして一番登録数が多いのは20代です。


チャットレディは若ければ若いほどいいですから、若いだけでも売りになり需要があります。


手抜きのプロフ写真でも、甘えん坊キャラを前面に出せば、それなりに男性のお客さんから構ってもらえるし、ノンアダルトでも十分に稼げちゃいます。


まさに、黄金期ともいえる年代です。しかし、その分ライバルも多いので差をつけるためにも写真を充実させたり、プロフ内容をしっかりしましょう。


30代は20代女性に比べて劣っていると考えがちですが、そんなことは全くありません。


このため、ライブチャットなんて、若い子しか務まらないと思って諦めるてはいけません。


むしろ、30代にしか出せない色気を男性は欲しがっているので、その魅力で十分に稼げます。


経験豊富な30代は、まだ若さも見られる年齢だからこそ男をうまく誘惑できるのです。


30代の主婦や奥様系ジャンルのライブチャットは沢山あります。


このジャンルのライブチャットが人気なのは、夫がいるにも関わらず、その旦那に隠れてチャットレディをするという背徳感がより男性の側に興味を抱かせ興奮させるからです。


最近は、グイグイ攻める肉食系の男性はすくなく、女性に甘えたがる草食系男子が増えてきていることが背景にあるようです。


30代前半と後半の年齢では、チャットレディのやり方が少し変わってきます。


30代前半であれば、まだまだ、若く見えるので写真を若い感じにしても大丈夫です。


30代後半だと、若く見せるよりも艶かしい感じの写真のほうが男性にウケが良いようです。


それぞれ、自分の年齢に見合った写真やプロフにしましょう。


専業主婦として外に仕事はいけずに家でやることがないなら、ライブチャットで稼ぎませんか?生活の足しまたはそれ以上に稼げます。


「FANZAライブチャット」