タグ別アーカイブ: 資産運用

資産運用の必要性

お金を増やすと言えば、銀行や郵便局に定期預金することしか頭に浮かばない人に取って、「資産運用」といっても、なかなか、ピンとこないことでしょう。


しかし、定期預金しても、この低金利時代では、預けたとしてもホンの雀の涙にもならないほどの金利しか付きません。このため。何十年預けたとしても、資産が増えるなんてことは、まずあり得ません。

その一方で、公的年金が削減傾向にあり、老後の年金が現在の高齢者世代よりも期待できないことから、自分の老後資金は、現役時代から自己責任で作っていく必要に迫られております。

このため、自己資金を預金ではなく、もっと有利に運用をするためには、リスクをとって債券、投資信託、FX、株などに投資を広げていく必要があるわけです。

また、退職金についても、自分で考える必要があります。これまで、企業年金の多くは、企業が数%程度の利回りを保証していましたが、今日では、多くは「確定拠出年金(401k)」になっております。

これは、年金保険料は企業が負担するが、運用方法は自分で決めなければなりません。もし、運用に失敗すれば自分の退職金(年金)も少なくなってしまうわけです。

このため、確定拠出年金の運用先を「定期預金」にしている人が多いようですが、超低金利の時代では、殆ど増えることはありませんから、結果として、退職金(年金)の額も小さくなってしまうのです。

昔は、利子が高かったのにと嘆いても、一銭の得にもなりません。現実をしっかりと受け止めて、自分で行動しなければなりません。


そして、自分の財産は自分の手で守り、育てていく必要があるのです。そのためには、投資商品を知り、リスクを理解し、そして投資をして資産を増やしていくことが大切なのです。


FX取引サービス&FX商材の比較